歯のホワイトニングは歯科で出来る|スマイル光る治療

歯科医

無呼吸症候群を抑える

歯の模型

無呼吸症候群のメカニズムは、眠りにつき、呼吸が止まり、息苦しさで目を覚ますものです。また、脳が完全に起きている状態になるため、朝起きてもだるい症状が抜けません。呼吸がなくなりまた戻るを繰り返しているため、休めないのは当然の結果でしょう。主な症状としては、大きないびきや夜中に目が覚め、トイレへ頻繁にいくようになるといったものです。何年も悩まされ続けている患者も多いですから、非常に多い病気だと言えるでしょう。最近はこうしたしつこいいびきも、歯科で作製するマウスピースで改善出来るまでになりました。無呼吸症候群のお陰で命の危険にさらされていた方も、マウスピースのお陰でなんとか一命を取り留めた経験を持つ方も少なくないでしょう。いびきを放置すれば、やがて症状は悪化するだけですから、少しでも危険を避けるためにも歯科でマウスピース作製を依頼した方が懸命だと言えます。

歯科でいびき改善用のマウスピースを作製する場合は、精密検査をしなければいけません。ひどい場合は一泊検査を必要とする可能性があるため、予定は余裕を持ち計画することが大事です。検査の結果を元に、専門の技工士がマウスピースを作製しますが、時間がない場合より早く仕上がるよう努力してくれます。その日で装着出来るので、早期治療がしたい方は必見です。マイスピースを使ったいびき改善は、歯石除去も入念に行ないます。これはマイスピースを清潔に保つだけではなく、マイスピースをつけたことによる歯の疾患を減らす目的で行われます。