大型二輪の免許を取ろう

バイク

普通二輪から大型二輪へ

映画などでバイクを颯爽と乗りこなしている様子を見て、自分も運転してみたいと思った方は少なくないことと思います。しかし、バイクにも様々な種類があり、海外のバイクメーカーの車種の中にはデザイン性の高い1000cc以上のモンスターバイクと呼ばれる種類のものまであります。そこまで大きくなくても、排気量が400cc以上の大型のバイクを乗るためには大型二輪免許が必要になります。普通自動車免許を持っている人は技能講習を受けることによって大型二輪免許を取得できるのですが、いきなり大型二輪に挑戦するよりは、まずは普通二輪免許を取得し、その後大型二輪に挑戦する方がいいでしょう。なぜなら、大型二輪は車体重量もエンジンのパワーも段違いだからです。取り回しと呼ばれるエンジンをかけないで車体を押して歩くことや、転倒した場合を想定しての車体を起こすことなども、大型二輪はその重量ゆえにかなり大変です。そのため、いきなり大型二輪免許に挑戦するよりは、普通二輪を取得して、バイクの重量や取り回しにある程度慣れた上で大型二輪免許へステップアップする方が教習をスムーズに進めることができるのです。教習代がもったいないと思わず、急がば回れの意識で、段階を踏んで大型二輪免許を取得することをお勧めします。大型二輪はその大きさ・重さから、身長の低い方、女性などは苦労される方が多いようです。しかし、大型バイクで風を切って走る爽快感は素晴らしいものです。勇気を出して、ぜひとも大型二輪免許取得を目指して欲しいと思います。

Copyright© 2018 合宿免許なら激安の教習所選び【ポイントをおさえておこう】 All Rights Reserved.